ニュージーランド・旅行

明日私は旅に出ます~♪

あなたの知らない人とふた~りで~♪

あ、みんながみんなしらないわけじゃないわ(笑)

というわけで、日本からわざわざ、ぴ~ちょんが羊の国に来てくれます。
ありがたいねえ・・・うれしいねえ・・・

二人でレンタカー運転して、NZの北島を周る予定。
ああ、なんて素敵☆

私らが真っ先に行く場所、それは、マタマタ。
はい、ロードオブザリングのロケ地ですよ。

「マタマタにまたまたいくの?!」なんていわれながらも行きますよ。

ちなみに、私のNZで訪れたことがあるスポットには、とんでもなく偏りがあり、
オークランドの観光地でいってないところが結構あったりするのに、
マタマタにはまたまた行っちゃうっていう・・・。

とにかく、楽しんできます。
無事に帰ってこれますように。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ほびっとん

いきなりですが、
私はロードオブザリングがすきです。

ちなみに一番好きなキャラクターはファラミアですが、
映画ではいまいちぱっとしなかったのが、すごく腹立たしいですが。

そんな私が羊に滞在している間に、ここに行かないでどうするの?!
という場所、ホビット村の撮影地である、
アレキサンダーさんちの牧場にいってきました♪
日本から3泊5日の強行軍できた友達と一緒に。

マタマタという小さい街から、ツアーバスに乗って出かけます。
アレキサンダーさんの私有地だから、勝手には入れないんですわね。

砂埃にコンタクトをつけた目がやられながら、牧場地帯をバスに乗って通ります。

私有地の一歩手前には、レストランがあります。
その名もシャイアレストラン。
シャイアってのはホビット村の名前のことです。

ここでご飯を食べることもできるけど、
今回のたびは結構な強行軍なので、泣く泣くさよなら。

で、アレクサンダーさんちの牧場へ!

バスが通るので、牧場の中に道路があるのはあたりまえだけど、
この道路、NZの軍隊がつくったんだそうな。
映画の撮影のために。
そのほか、撮影中は周辺空域を飛行禁止にしたり、
国を挙げて応援していたんだなあというのを、ひしひしとかんじました。

そして、よいよ、ほびっとんです!
Cimg1805

丘の腹の部分に、丸い窓の開いた建物が見えた瞬間、
思わず、お~!!!っと叫んでしまった私と友人。

派手に感動するってわけではないんですが、
こう、じわじわ感動するんですわ。

あー、丸いまど。
あー、あそこフロドんちだ。
あー、ここがビルボのお誕生日パーティー会場か。

基本的にベニアでつくってある上に、
発泡スチロールで飾りつけして、それっぽく見せてあったらしく、
その飾りはさっさととられてしまっているので、
その下のベニアしかもう残ってないんですがね。

でも、このベニアしか残ってない状況だけでも、奇跡なんだそうな。

著作権の関係で、他のNZ各地にちらばるセットは、徹底的に破壊されたんだと。

で、例にも漏れずアレキサンダーさんちの牧場も破壊工事をしてたんですけど、
途中で大雨が降って危険だからって工事が延期され、
そして、延期されてはや10年くらいたちました、というオチ。

その著作権の関係で、また飾り付けをするわけにはいかないそうなんですが、
丸い窓の建物たちだけでも残っていてくれてありがとう。

ただ、ベニアは取り替えてるらしいけどね。すぐに痛むもんね。
いいの、そんな細かいこときにしないから。

やはりここは、指輪ファンの聖地であるらしく、
リピーターも結構いるらしいです。
ホビットのコスプレでくる猛者たちも。

ちなみに、コスプレ率が一番高いのは日本人だそうな。(ガイドさん談)
ビバ日本人!世界に名だたるオタク大国!!

ビルボのお誕生日パーティー会場で、
ビルボの演説そのまんま真似する人、とか。
ホビットコスプレ軍団が大量に来て、
そこで一時間半踊り続けたとか。
多分この辺は日本人じゃないと思うけど、
世界に猛者はたくさんいますね。

写真を取り捲り、名残惜しくはありましたが、
現地ガイドのおねいさんが
時間がなくてちょっとあせっていたので、おとなしく帰りました。

あの映画が、羊に囲まれながらとられたのかとおもうと、
ちょっとほほえましいですな。

アレクサンダーさんちは羊の牧場です。
ほびっとんの中にも普通に羊がいます。
っていうか、彼らのテリトリーです。邪魔して悪かったね。

いまいち記憶に薄いところが多いので、
日本に帰ったときに三部作全部見るのがたのしみでござる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)