« 史上最大の危機 | トップページ | まるがりーた、英語のテストをうける »

マルガリータと雑誌

以前、自分がキャンキャンを読んでいた、というのを話したら、
なぜか大爆笑されてしまったので、
せっかくだから、自分の雑誌遍歴でも、振り返ってみようと思う。

5歳くらい 少年ジャンプとマルガリータの出会い。だって、そろばん塾においてあったから。

10歳くらい ジャンプ継続中、加えてりぼん、なかよし。

11歳くらい ジャンプ(同)、りぼん、なかよしは卒業。少年ガンガンを読み出す。たまにプチレモン等のマセ雑誌をかってもらったりする。

13歳くらい ジャンプ、ガンガンに加えて、セブンティーンなどを買うようになる。ちょっと生意気なものをみるようになる。

14歳くらい ジャンプ、ガンガンに加えて、Gファンタジー(漫画)、MCシスターの購読を始める。 服のセレクトはシンプル&着まわし至上主義。

16歳くらい ジャンプは相変わらず継続中、ガンガンとGファンタジーは卒業。MCシスターをやめてノンノに変更。 服はまだシンプル至上主義。Do!familyやらVert Dance(綴り知らない)やらNICE CLAP(綴りも知らなけりゃ、今あるのかすらしらない)至上主義。

ちなみに、通っていた高校は私服高校でして、なぜかOlive de Oliveが流行。なんか、制服のようになっていた。

18歳くらい ジャンプは言わずもがな。ノンノからなぜかCUTIEに変わる。
このあたりから、なんか服の趣味が変わる。

19歳くらい ジャンプしかかわない、CUTIEもかわなくなった。たまにノンノやMOREを暇つぶしに買う程度。 服の趣味はかわったまま。
Jane Marple至上主義。ここしか買わないくらい。

20歳くらい ジャンプへの愛はさめない、暇つぶしにMOREを買うが、何の参考にもしない。
このあたりから、名古屋に某ショップが出店し、本格的に服の趣味がかわる。
一応ではJane Marple愛用。

ほぼ同時期に、歌舞伎やら、着物やらに興味を抱き始める。日本舞踊始めたのもこの辺。

22歳くらい ジャンプ絶賛継続中。この頃から、キャンキャンを読み出す。
理由は、OLにならなきゃいけない、と思い、そのファッションを研究するため。

そして、大学卒業の頃から、暇なときにはなんか読んでないと気がすまなくなる。

23歳くらい 毎週たまるジャンプには相変わらず辟易するが仕方がないのに加え、キャンキャンと化粧品雑誌にはまってしまう。
洋服は、エビちゃんOL系(笑)にたまに手を出しながら、主にNATURAL BEAUTIE BASIC。NBBは、値段もデザインも敵を作らない、みんなのお友達!が持論だった。

24歳くらい ジャンプの値段のあがりっぷりに、本当に怒りを覚えながら、250円になったらやめる!とタバコをやめられない父みたいなことを言い出す。でも絶対無理。化粧品雑誌に飽き、なぜか日経ウーマンを買い出す。キャンキャンは継続中。たまにPCやIT関連雑誌を買ったりする日々。「きものサロン」なんかを買ったりするが、2000円するのでなかなか買えない。IT雑誌も高いんだ…。

このころから、Amazonへの貢ぎ額が半端じゃなくなる。月一万越え。
加えて出るゴミがだんだんカオスに。

服は24歳からかわらず。

25歳くらい そろそろ集英社からなんかもらってもいいんじゃないか?と思いながらジャンプを読み続け、キャンキャン卒業。なぜか、プレジデントに手を出したりする(※楽しそうな特集のときだけ) 日経ウーマンも楽しそうな特集のときだけ。同様に東洋経済やら、この頃には、活字中毒一歩手前に。

キャンキャン卒業の理由は、22歳新人OL対25歳3年目中堅OLの化粧の仕方の比較がのっていて、「あ、もうよんじゃいけないんだ」と思ったから。

代わりのファッション誌は、CLASSYとかOGGIとか。
後、「七緒」というナイスセンスな雑誌?書籍?がでて、それが出たら買う、といった感じ。これは、若い人向けの着物本です。

Amazonへはいくら貢いでいるのか、知りたくもなかった。

26歳くらい ジャンプももう惰性だ、ということに気づきながら、惰性でも続けられる余裕があるお給料がいただけてうれしゅうございます☆ですが、少々外国暮らしかしたくなりましたので、ちょっとお暇をいただけますか?
この経緯で、羊の国へまいりました。

ということで、この時はもうカオス。
コンビニで、ジャンプとアスキー(なぜかITビジネス誌に変化)とプレジデントとクラッシィ買って帰る、とか。
そして、出るゴミの量が半端じゃなかった。ごめん、地球。

ちなみに、友達に「Amazonで買う前にebookoffで探しなさい」といわれて以来、書籍に使うお金は月15000円以下に抑えられるように。

でまあ、結論。

ジャンプが社会の教科書の最初に付録でついていた、世界各国の国名年表(といえばいいのかしら?ほら、中国とかヨーロッパのあたりが混沌としてるやつ)でいうところの、日本みたなことになっていますが、ほら、最初に折りたたんであって広げるやつ。

といってもイメージがわかないでしょうが、こんな感じ?

中国| ・・・|後漢|魏・呉・蜀|西晋|・・・・|清|中華民国|中華人民共和国|
                   |東晋|・・・
日本|                     |←――――――日本――――――→|

って、えっ!ただの一本線?!というか、建国して以来ずっとそのまんまというか。いや、すばらしい事なんだけれども。

ま、要は

ジャンプ   | ←――――――――――――→
キャンキャン|                  ←→

ということが言いたいわけですよ。

NZに来てしまった今、流石によんでおりませんし、家族に一年間買っておいて、ということも出来ませんでしたよ。

帰ったら、また買っちゃうんだろうか。
それとも、もう卒業できるんだろうか。
卒業したいような、したくないような。
でももう話わかんなくなってるよなあ、いい機会だよなあ。月1000円強うくし・・・。

さあてと、来週の土曜日英語のテストなので、勉強しますよ、と。
ああ、現実逃避しすぎた(泣)

ちなみに一番時間使ったところは、年表説明の部分。
後で、説明するぐらいなら、その文章削除したらいいことに気づいたけど、くやしいのでそのままにしてやります。
どうだ、この無駄な努力!

|

« 史上最大の危機 | トップページ | まるがりーた、英語のテストをうける »

日々のあれこれ」カテゴリの記事

コメント

雑誌遍歴なんて、よく記憶してるね!
さすがまるがりだわ☆
おそれいりました。

それにしても、『ジャンプ』愛読暦の長いこと長いこと!笑

ちなみに私は、弟の影響で『コロコロ』
読んでましたよ(´艸`)


投稿: Shi~ | 2008年6月19日 (木) 10時21分

>Shi~さん
いやあ、絶対抜けてるのがあるんとおもうんですが、それはまあなかったことにして(笑)

実はコロコロをよんでいた時期もありましたよ…

投稿: まるがり | 2008年6月22日 (日) 07時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/405112/21719542

この記事へのトラックバック一覧です: マルガリータと雑誌:

« 史上最大の危機 | トップページ | まるがりーた、英語のテストをうける »